TOP >>BACK

K2GEARオリジナルECU X−CORE(クロスコア)大好評発売中!!
純正ECU書き換えタイプ

スバルを判っている K2 GEAR だからこそ出来る本当に扱いやすいセッティングで完成した X-Core。

可変バルタイの補正、燃料マップ補正、ブーストマップ補正、スピードリミッターの拡大等 あらゆるデータをリセッティング
低中速のレスポンスを劇的にUP!高速では胸のすく加速とストリートでは乗りやすい&扱いやすいをテーマに
幾度にわたって繰り返しセッティングし完成した信頼性の高い自信ECUデーターです。

X-Core は純正ECU書き換えタイプでオーナー様を煩わせません。
ご来店いただける場合は10〜20分でインストール作業完了♪


遠方の方でご来店頂けないお客様には ECUをお送り頂ければセッティング可能です
ECU到着後2、3日でご返却いたします
(返却送料(1,500〜3,500円)はお客様のご負担になります)



適合車種:下記表をご参照下さい(表記は全て税別)
MODEL グレード 型式 アプライドモデル X-CORE plus X-CORE X-COREエクストリーム

レヴォーグ

1.6リッター系VM4 A〜

65,000-
リミッターカット、クルコン設定値UP

100,000-
ハイオクガソリン仕様となります
168,000〜
2.0リッター系VMG A〜 65,000-
リミッターカット、クルコン設定値UP
100,000-
168,000〜
WRX
S4 65,000-
リミッターカット、クルコン設定値UP
100,000- 168,000〜

X-CORE適合表                                          2016'07現在税別価格です

MODEL 型式 グレード アプライドモデル X-CORE X-COREエクストリーム
レガシィツーリングワゴン&
アウトバック
BR 2 .5ターボ 系 A〜C型 100,000- 168,000〜
BP5 2.0GT スペックB A〜C型 90,000-
2.0GT・スペックB D〜F型 100,000-
2.0GTカスタマイズドエディション A〜C型 90,000-
2.0@
BH5 GT-B・GT D型
BPE 3.0R(スペックB含む) A〜B型 (※2)
D〜F型 (※2) 100,000-
レガシィセダン BM 2.5ターボ 系 A〜C型 100,000-
BL5 2.0GT・スペックB A〜C型 90,000-
2.0GT・スペックB D〜E型 100,000-
2.0@ A〜C型 90,000-
BE5 RSK D型
BLE 3.0R(スペックB含む) A〜B型 (※2)
D〜F型 (※2) 100,000-
インプレッサ GDB WRX-STI C型以降 90,000- (※ 1 )
GVB/GRB STI 100,000- (※1)
GRF/GVF A-ライン 100,000- (※1)

※ X-Core =純正及び純正交換タイプ以外のエアクリーナー装着車は不可
※ X-Core クストリーム=各車両、お客様の細かい要望に合わせた現車セッティングが可能。
※X-Core エクストリーム(現車セッテング)導入の際クルコン上限設定値をお客さま希望の値に変更可。(別途料金不要)
※4。エクストリームの場合、空燃比計(A/Fセンサー)を設置するため、フロントパイプまたはセンターパイプに穴あけ加工が必要となります。上記価格は加工料金も含んだ価格となっております。(セッティング後は専用のボルトにてフタをします)※(※4)除くDIT

※ X-Core (吊るしデーター)を導入時にクルコン設定値変更を希望された場合は別途3,000円(税別)で承ります。
また既に X-Core 、 X-Core Extremeを導入頂いているお客様でクルーズコントロール設定値変更を希望される場合は6,000円(税別)でインストール致します。

※お車の仕様が変わったりした際データー書き換えを希望される場合など、リセッティング料金¥38,000円(税別)
※ 本 ECUはノーマルデータに戻すこともできます。


(※1)インプレッサ用X-COREは基本純正交換タイプエアクリ、ノーマルFパイプ車両のみ対応。(マフラー交換はOK) 非対応車種に尽きましても、随時確認取れ次第可能となっておりますので、都度お問い合わせくださいませ。

(※2)レガシィBPE/BLEに関しましてはデータが不足しており、インストールできない場合も御座いますので予めご了承下さいませ。

注:ソフトウエアの関係上、一度X-COREをインストールすると、他のソフトウエアでアクセス&書き換えは不可能となります。 スバルセレクトモニターによる診断は従来通り行えます 。